映画

映画に登場する武器のサイトThe Real Movie Stars

The Real Movie Stars (TRMS) http://therealmoviestars.com/ 紹介記事 http://www.thefirearmblog.com/blog/2014/08/04/new-movies-weapons-website/ The Firearm Blogで最近新しく出来た映画に登場する武器の情報を集めたサイトが紹介されていた。 このサ…

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に登場したナイフ

映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に登場するウインター・ソルジャーは後ろ腰にナイフを2本装備している。 このナイフは何なのか、ということがKnifeforumsで話題になっていた。 http://www.knifeforums.com/forums/showtopic.php?tid/93…

続・映画の優れたナイフ格闘シーン紹介

フィクションにおけるナイフ格闘のリアリティとリアルおまけ 映画の優れたナイフ格闘シーン紹介 - 火薬と鋼から随分経って材料も増えたので、再び映画のアクションシーンに登場する優れたナイフ格闘について紹介、解説する。 例によって映画のネタバレ、流血…

火薬と鋼のホラー映画ベストテン

今年の企画に参加する。 ホラー映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ! 自分はホラー映画にあまり恐怖を感じないのだが、嗜好として「自分の世界観が崩壊する」「夢と現実の境が崩れる」といった要素を好む傾向がある。H.P.ラブクラフトを好むのも同じ理由。…

火薬と鋼のスポーツ映画ベストテン

スポーツ映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ!に参加。 私が気に入ったスポーツ映画を挙げていこう。 1. 劇場版テニスの王子様 二人のサムライ The First Game (2005、浜名孝行監督、テニス) 2. インビクタス/負けざる者たち (2009、クリント・イースト…

フィクションにおけるナイフ格闘のリアリティとリアルおまけ 映画の優れたナイフ格闘シーン紹介

ナイフ格闘の優れた描写があるフィクションというと、何より映画である。 実際にナイフ格闘のインストラクターが指導していることも多々あって、現実の技術をうまく取り込んでいる映画が何本かある。ここではそうしたナイフ格闘の優れた場面を動画とともに紹…

Bootleg Live at Asagayaに行ってきた

イベントのお知らせ:6月9日阿佐ヶ谷Loft A にて「Bootleg LIVE」開催しますで告知されていたBootlegのトークライブに参加してきた。 楽しいひと時だった。 会場は家の近所で、仕事をサボらずに行けるのがありがたい。 速水健朗さん司会により同人誌Bootleg…

アメリカ銃器博物館展示の映画の銃

http://www.americanrifleman.org/BlogEntry.aspx?cid=25&id=2233 全米ライフル協会ことNRAが設立した銃器博物館National Firearms Museumで映画で使われた銃(多くは加工したプロップガン)が展示されている。 上のブログではいくつかの写真が紹介されてい…

ウォッチメンに登場するカスタムガン

映画「ウォッチメン」にある珍しい拳銃が登場するので、それについて紹介する。 なお、ストーリーのネタバレは一切ない。 「ウォッチメン」には、スマイルマークのついたグリップが装着してある拳銃が登場する(予告編にも出ている)。 通常より長いロングス…

『プルミエール 私たちの出産』とどうしようもない腹立たしさ

今更の話だが、なぜ超映画批評がオタク系の個人ニュースサイトやブログでもてはやされるのだろう。あの原因がよく分からない。まあ、その辺の話は破壊屋さんでやられているので置いといて、これはひどいな、と思った映画とその評について。 『プルミエール …

クローバーフィールド HAKAISHA

仕事帰りに見る映画じゃないな。手ブレの画面に酔ってしまった。 自分は疲れているとFPSやっても酔ってしまうのだ。 しかしなかなか楽しめる映画だった。 クセがあるのでかなり人を選ぶ映画だが、怪獣映画、ディザスター映画、惨劇が好きな人にはお勧めでき…

「パニッシャー」(2004)のカスタムガン

私は当時あの映画の予告を見ていかにもダメそうで笑えそうだったので観にいった。期待通り色々ととんでもない内容で、ちょっと良い場面もあって値段分楽しませてもらった。 しかし昨日のテレビ放送版はかなりカットしていてただのつまらない映画になっている…

ランボー4のナイフ

http://www.visier.de/ 雑誌「Visier」公式サイト 頑住吉さんのサイトのコラム・その他で知ったのだが、ドイツの銃雑誌Visierのサイトで映画「ランボー4」のナイフが紹介されている。 今回のナイフはランボーが自作したという設定になっている。ランボーの状…

300

あまり事前情報を仕入れないようにして行ったのだが、なかなか楽しめた。難点は、よく言われているように政治的な思想の胡散臭さが鼻につくことか。スパルタが自由や民主主義ってのは変だ。同じように作中人物が兵士に政治的思想的な戦意高揚をしている長谷…

金曜ロードショー

金曜ロードショーを終わらせちゃうような御馬鹿様なTV業界への提言 赤兜で紹介されていて読んだ。大ウケ。「やったーゴール!」じゃないよ!

007の武器が

http://www.007magazine.co.uk/news_christies_guns_2006.htm 2006年12月のクリスティーズのオークションに007の映画に使われた武器がまとめて出されるとの報があった。上記URLでワルサーPPやPPK、P5、それにタイガー田中=丹波哲郎が使ったジャイロジェット…

16ブロック

あまり期待していなかったのだが、想像以上に良かった。ブルース・ウィリスはしょぼくれた刑事がつくづく似合う。 アル中の刑事ジャック・モーズリー、ジャックに連行される証人エディ・バンカー。突如襲撃を受けたエディと、彼を守るジャック。彼らの過去と…

映画版「特攻野郎Aチーム」

映画版「特攻野郎Aチーム」にブルース・ウィリス? http://www.eiga.com/buzz/060908/09.shtml えっ、クレイジーモンキー役じゃないの?<髪の毛だけで判断

マイアミ・バイス

あまり事前情報を集めずに見に行った(Gun誌の記事や銃の知識くらい)。結論から言うと、映画としての完成度はあまり高くない。構成が分かりにくく、かなりのシーンをカットしたのではないかと思われるし、何よりラブシーンがいただけない。つくづく思うのだ…

ユージュアルサスペクツDVD再販!

http://www.paramount.jp/dvd/catalog/dvd06140.html 長らく品切れでAmazonマーケットプレイスでは一時10,000円超えだったユージュアルサスペクツのDVDが廉価版で販売される。ヤフオクでバカ高い値段で売られていたのも、もうこれでおしまいだろう…と思った…

サイレントヒル

想像していたより良かった。何よりあのゲームの雰囲気をうまく映像化している点が見事。あの街の光景もすばらしい。夢に出てこないかなあ。 ストーリー自体は完璧というわけではなく、未見の人は過剰に期待しないほうがいいだろう。しかし雰囲気は満点だ。

ScreenUsed

http://www.screenused.com/ 映画で使われた小道具、衣装が紹介、一部販売されている。マニアにおなじみのターミネーター2のショットガンやブレードランナーのデッカード・ブラスターも掲載されている。これを見て思い出したのが昨年1911フォーラムで教わっ…

XXX:State of the Union予告編

http://www.apple.com/trailers/sony_pictures/xxx-stateoftheunion/large.html 「トリプルX」の続編の予告編が既に公開されている。テレ東向きっぽい内容はさておき、予告編にはH&K XM-8が!プロップを作ったのか、トイガンを流用したのか。まさか実銃が提…