芥川賞候補作にシステマ登場

ジャップ・ン・ロール・ヒーロー

ジャップ・ン・ロール・ヒーロー

新潮 2018年 09 月号

新潮 2018年 09 月号

紹介する時期を外してしまったが、第160回芥川賞の候補作にはロシア武術システマが登場している。
それが鴻池留衣『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』である。
芥川賞候補になる純文学作品でシステマのようなマイナーな武術が登場するのは珍しい。
この小説は、作中に登場するバンド「ダンチュラ・デオ」の虚構と現実を巡ってサスペンス小説のような様相を呈してくる。
そしてバンドのボーカル「僕」とギタリスト・喜三郎はベースのアルルによってシステマを基にした格闘術を練習することになる。
練習や格闘の場面を確認すると、システマらしい部分もあるがだいぶ違う部分もある。
一部を引用してみよう。

僕たちは基本の型を教わる。何回も型の練習を繰り返し、最後には二人で約束組み手、そしてスパーリング。そんな毎日が始まった。これはシステマという格闘術に、様々な流派の思想を取り入れて「知り合い」が発展させた独自のものだと、後に教えてもらった。(中略)銀座駅界隈の地下街では、売店と壁の隙間に身体を滑り込ませたり、通行人の群れの流れに逆らいつつも衝突を避けるようにして通り抜ける訓練をさせられた。これもまた護身術の訓練の一つなのだそうだ。

この他にも描写は多い。
型、約束組み手云々のあたりはシステマらしくはないが、システマを基にした独自のものだと説明されているので現実のシステマと違っていてもおかしくはない。なお、システマの来歴や特色に関する説明はない。
一応作中ではその後もシステマとして説明されているので、以前まとめたシステマ登場小説のリストに追加しておいた。
machida77.hatenadiary.jp

『自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編』

二見龍氏が電子書籍Kindle)で出していた『40連隊の見えない戦士達』を増補・再編集した書籍が1月8日に出版された。
陸上自衛隊第40連隊とスカウト技術についての本だ。
スカウト技術については映画『ハンテッド』でも登場したし、関連書籍も少し出ているのと、日本でも教えている場があるので知る人ぞ知ることだ。この本に登場する某氏についても一部では知られている。
しかし日本では滅多に見ない題材を扱った稀少な本と言っていいだろう。海外の本の翻訳と異なり日本の事情、自衛隊との関わりにおいて書かれている点でも後々まで残す意義がある内容であり、電子書籍だけでなく紙の書籍となったことはその点でも意味があると思う。
スカウト技術というものについて予備知識がなくとも分かりやすく書かれている。


SNSでも書いたのでこちらにも同書の36~37ページに登場したナイフについて写真から特定したメモを転載しておく。
カスタムについては、これまた分かる人には分かるナイフである。
36ページ
(1)カスタム
(2)SOG Knives オートクリップ(製造中止)
(3)S&W M&P MAGICアシステッド・オープン・ライナーロック
(4)SOG Knives Seal 2000(製造中止・現行品はSeal Team)
37ページ
(5)Buck Knives ナイトホーク(製造中止)
(6)Cold Steel レコン1
(7)カスタム
(8)カスタム
(9)Cold Steel ザ・スパイク ボウイ(製造中止)

ロシア武術システマが登場する小説一覧〜警察小説からライトノベルまで〜(2019.6更新)

私は個人的興味でロシア武術のシステマが登場する小説をリストアップしている。
現状どういう本があるのか、そのリストを公開する(随時追加)。
結果は見てもらえば分かるが、ライトノベルの割合が高い。
このリストはBook Walkerの検索機能やGoogleブックスで調べた結果から調査した。
中には作中に1回しかシステマが登場しないとか、説明に登場するだけといった小説も含まれている。
このリスト掲載分以外にもシステマが登場する小説はあるが、内容を確認できていない本は載せていない。
また単行書と文庫本の両方が出ている本では文庫本のレーベルを記載している。
注意事項として『ヒマワリ:unUtopial World』に登場するのはシステマ・カドチニコヴァ(カドチニコフ・システマ)であり別物。また『お嬢様ファイティング!!!』はアダルト小説である。

書名 著者 レーベル 出版社 登場巻
特殊性癖教室へようこそ 中西鼎 - KADOKAWA 【電子特別版】3
極道刑事 東京ノワール 沢里裕二 実業之日本社文庫 実業之日本社 -
魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス> 三原みつき MF文庫J. KADOKAWA/メディアファクトリー 12巻、14巻
遺伝子コンプレックス 舛本つたな プライムノベルス 主婦の友社 -
影の中の影 月村了衛 新潮文庫 新潮社 -
機龍警察 月村了衛 ミステリ・ワールド 早川書房 暗黒市場
傭兵団の料理番 川井昂 ヒーロー文庫 主婦の友社 5巻
ディア・ペイシェント 南杏子 - 幻冬舎 -
クロス×レガリア 死神の花嫁 三田誠 角川スニーカー文庫 角川書店 -
ハードボイルド・スクールデイズ 織原ミツキと田中マンキー 鳥畑良 Novel 0 KADOKAWA/メディアファクトリー -
俺の立ち位置はココじゃない! 宇津田晴 ガガガ文庫 小学館 -
ファイヤーガール 星空めてお - TYPE-MOON 3「青銅の巨人」上巻
キッズファイヤー・ドットコム 海猫沢めろん - 講談社 -
おはなしして子ちゃん 藤野可織 講談社文庫 講談社 -
人生 川岸殴魚 ガガガ文庫 小学館 第3章
傭兵代理店 渡辺裕之 祥伝社文庫 祥伝社 殺戮の残香、謀略の海域
ヒマワリ:unUtopial World 林トモアキ 角川スニーカー文庫 KADOKAWA 3巻
お嬢様ファイティング!!! 葉原鉄 美少女文庫 フランス書院 -
ヤングガン・カルナバル 深見真 トクマ・ノベルズEdge 徳間書店 7巻、8巻、9巻、11巻
あねもね☆ろわいやる 本田透 集英社スーパーダッシュ文庫 集英社 1巻、2巻、3巻
異世界支配のスキルテイカー 〜ゼロから始める奴隷ハーレム〜 柑橘ゆすら 講談社ラノベ文庫 講談社 1巻、4巻、10巻
高度に発達したラブコメは魔法と区別がつかない 宮澤伊織 一迅社文庫 一迅社 -
俺たちのコミュ力がもはや学園異能バトル〜ラブorライク?〜 川添枯美 スーパーダッシュ文庫 集英社 -
きぜんと撤収!! 邪神大沼 川岸殴魚 ガガガ文庫 小学館 8巻
うちの居候が世界を掌握している! 七条剛 GA文庫 SBクリエイティブ 11巻
もぐら 矢月秀作 中公文庫 中央公論新社 戒、凱(上)、凱(下)
アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 榊一郎 講談社ラノベ文庫 講談社 10巻
デュラララ!! 成田良悟 電撃文庫 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス ×7
TOY JOY POP 浅井ラボ HJ文庫 ホビージャパン -
ジャップ・ン・ロール・ヒーロー 鴻池留衣 - 新潮社 -

続いて海外翻訳小説のリスト。
2015年までに出た本はジェームズ・ボンドもシステマ使いだった:システマが登場する海外小説いろいろ(〜2015年分) - 火薬と鋼で紹介した。

書名 著者 レーベル 出版社 登場巻
スターリンの息子 マルティンエスターダール ハヤカワ文庫NV 早川書房 上・下
死を告げられた女 イングリッド デジュール ハヤカワ文庫NV 早川書房 -
007 白紙委任 ジェフリー・ディーヴァー 文春文庫 文藝春秋 (下)
第三の銃弾 スティーヴン・ハンター 扶桑社ミステリー 扶桑社 (上)
油田爆破 トム・クランシー 新潮文庫 新潮社 -
パターン・レコグニション ウィリアム・ギブスン - 角川書店 -
スプーク・カントリー ウィリアム・ギブスン 海外SFノヴェルズ 早川書房 -

『十手 破邪顕正の捕物道具』

十手  破邪顕正の捕物道具

十手 破邪顕正の捕物道具

先月出版された谷口柳造『十手 破邪顕正の捕物道具』(目の眼)は近年では珍しい十手の紹介と論考をまとめた本だ。
著者の谷口氏は十手愛好会代表で骨董商であり、名和弓雄氏に師事して十手術などを学んだ経験がある。
本書ではその知識と経験、コネクションを活かして武術練習用も含む300本に及ぶ十手や捕物道具を紹介、解説している。
鎖、呼子、捕縄など捕物道具も紹介しているがそちらは限定的で、あくまで十手中心の本である。
よく知られる十手はもとより、琉球の十手、明治時代に作られた催涙液発射十手、鳶口がついた鳶十手、矢立十手、米差十手など珍しい十手も数多くカラー写真で掲載されていて資料価値も高い。
『江戸の十手コレクション』(里文出版)よりも情報量が多く、十手に興味がある人には今後必須の本と言っていいだろう。

宮崎政久『日本刀が語る歴史と文化』

日本刀が語る歴史と文化

日本刀が語る歴史と文化

今年2月に出版された『日本刀が語る歴史と文化』はよくある日本刀の歴史解説本とは違う。
書名では分からないが、本書は日本刀を使う戦闘様式の変化と礼制についての本なのだ。
著者は柳生月神流(情報が少ないのでネットでも謎の流派扱いされがち)三段。
日本刀がどのように使われてきたか、軍記物や絵巻、刀の形状の変化、武術伝書など様々な史料・論拠から論じている。
推測や想像も含まれているが、著者の想像である部分はそれとわかるように書いているので、混乱することはない。
主張の全てを支持できるというわけではないが、幅広い史料を参照、紹介しているので、この分野について知りたい場合の参考文献の入口になる。
目次は以下の通り。これらの内容に興味がある人にはお勧めできる本だ。

序 章
第1章 日本刀の源流―その遺伝子―
 1 中国における直刀の出現とその用法
 2 古代日本の軍制と直刀
 3 日本の古代刀
 4 蕨手刀
 5 蕨手刀出現の背景
 6 蕨手刀の用法及び騎乗との関係
第2章 日本刀の「反り」が意味するもの
 1 直刀の意味
 2 弯刀化の条件
 3 反りの系譜
第3章 騎兵の弯刀・太刀の時代
 1 日本刀空白の時代(平安前期から平安後期)
 2 太刀の黄金時代(平安後期から鎌倉後期)
 3 時代背景
 4 当時代の刀剣と戦闘様式
 5 儀仗、野劔、毛抜形太刀
 6 鎌倉時代武家の立場と戦闘様式
 7 後鳥羽上皇と太刀
 8 刀剣王国備前
 9 太刀の刃文、日本的美意識の発露
第4章 元寇の影響
 1 元寇の概要
 2 元寇での武器
 3 戦いの実相
 4 元軍撤退の真相
第5章 元寇と刀剣
 1 刀剣(界)への影響
 2 刀剣茎への「官途名」・「年紀」・「神号等」鑽刻の事情
 3 刀身彫刻
第6章 南北朝期の大太刀
 1 南北朝期の時代背景
 2 南北朝期の戦闘と武器の特徴
 3 南北朝期大太刀の実際
第7章 室町期の刀剣と戦い
 1 刀剣の室町時代
 2 軍記からみた室町時代の戦闘様式と刀剣
 3 室町期刀剣の時代分布
 4 室町期刀剣の実態
第8章 江戸期の刀剣文化
 1 武家身分の可視化と刀剣
 2 江戸期刀剣の機能と区分
 3 武家服装と刀剣拵え
 4 刀剣・礼服令制の変化と受容
第9章 江戸殿中刃傷
 1 殿中(営中)刃傷の概要
 2 刃傷に使用された刀
 3 刃傷の様相
第10章 市人・農民・無頼と刀剣
 1 帯刀に関する禁令
 2 江戸後期の世相と剣術熱
 3 無宿、渡世人博徒と刀剣
 4 御用商人の帯刀御免
 5 褒賞、役割による帯刀免許
 6 勝手な帯刀による御仕置
引用文献
参考文献
図版出典
あとがき
索引

システマが登場する医療小説・南杏子『ディア・ペイシェント』

ディア・ペイシェント

ディア・ペイシェント

ロシア武術システマが登場する小説というと、どうして格闘・アクションがある小説に偏りがちだ。
しかし今回紹介する『ディア・ペイシェント』は格闘ではなく、趣味としてシステマを稽古する主人公が登場する。
本作の著者・南杏子氏は医師としての経験を生かして医療小説を書いている。
参考:「小説でも現実でも、在宅介護は大変」医師&看護師作家の告白(南杏子,小原周子) | 現代ビジネス | 講談社(1/8)
南杏子氏がシステマ東京の北川貴英インストラクターが講師を務めるカルチャースクールの教室でシステマを受講していたのは知る人ぞ知る話である。医療だけでなくシステマについても経験者ならではの具体的な体験を元に書いているのだ。
本作『ディア・ペイシェント』は民間の総合病院で患者のクレームやモンスター患者に悩む内科医・真野千晶を主人公とした小説である。
作者の経験と知識から、病院の内情、治療や薬などの専門知識が分かりやすく話に盛り込まれている。
そして千晶に関わる患者の行動の背景を巡る部分は、ミステリー小説のような面白さがある。
主人公の千晶は護身目的ではなく運動不足解消のためにシステマを始めたとあり、作中に何度もシステマの練習の話が登場する。
一部引用してみよう。
最初にシステマが登場する箇所、システマをやっている経緯とリラックスする方法をそこから得たという部分から。
バースト・ブリージングやシステマの概略の説明が含まれている。

ステマ独特の、呼気を刺激する呼吸法(ブリージング)がある。鼻から息を吸い、口から「フッ」と吐く。これを一分間に百回くらいの速度でフッフッフッと繰り返す。
スピードの目安は、「地上の星」や「アンパンマンのマーチ」、あるいは「ステイン・アライヴ」だ。関係ないが、心臓マッサージのスピードと一致する。
この方法で呼吸することによって気持ちが落ち着き、縫合時に手が震えなくなった。以来、システマが好きになった。
「システマは、安全にお家に帰るための武術だよ」
千晶は、講師の吉良大輔(きらだいすけ)からそう教わった。闘いを主目的とせず、相手の攻撃から身を守る護身術のような武術である、と。システマはロシア語で「仕組み」を意味する。心身の仕組みから集団心理まで、さまざまな人の動きに関するメカニズムを解明し、身の安全のために活用する方法だという。
だがそもそもは、旧ソ連の特殊部隊(スペツナズ)から伝わった武術らしい。工作員たちの間で秘密裏に受け継がれていた教えが、ソ連の崩壊で世界に広まるようになったという。吉良講師は、素人を怖がらせないようにオブラートに包んで説明してくれたのだろう。
ステマの呼吸法で平常心を取り戻す。恐怖心や緊張、焦りを取り除き、よいパフォーマンスができるような状態を作る。その精神性も千晶は気に入っていた。
仕事が忙しくて何度も教室を休みながら、それでもやめずにいる。その理由は、講師がイケメンだからだけではなく、素の自分に戻れるからでもあった。教室では、自分が医師であることは話していない。自意識過剰かもしれないが、その方が自然でいられて楽なのだ。

この部分以外にも本作にはシステマの具体的な練習の話が複数回出てくる。
いずれも練習風景や体験の話で、「システマはどのような練習をして練習者はどのように考えているか」を知ることができる。格闘中心の小説ではなかなか分からないシステマの一側面について、主人公の体験や医師としての仕事と絡めて描写している。この小説からシステマの練習の知識を得る人も結構出てくるのではないだろうか。

『スペツナズ─ロシア特殊部隊の全貌』

スペツナズ

スペツナズ

ロシア軍事研究者マーク・ガレオッティによるロシア特殊部隊スペツナズの本が翻訳出版された。
スペツナズの歴史、位置づけ、様々な軍事行動や作戦での活動、装備などよく整理されていて分かりやすい。
なお、ここを見ている人が気になりそうな具体的な装備や近接戦闘に関する話題は多くはない。Googleブックスの英語版のプレビューで該当箇所を読むことができる。
https://books.google.co.jp/books?id=CZSHCwAAQBAJ
近接戦闘の部分で気になったのは著者が見た訓練試合で交通標識を使う兵士がいたという話だ。どう扱ったのだろう。