試験に出ない実戦英語フレーズ(10) “shiv”

フレーズと言いつつ単語も扱っている特殊な英語紹介シリーズ第10回。

今回紹介するのは “shiv”
Weblioでは「(ジャック)ナイフ」、Goo辞書では「ナイフ、(特に)飛び出しナイフ」、英ナビ!辞書 英和辞典では「どす」と説明されているが、現代英語では他の意味で使われていることが多い。
現在は、刑務所内等で作られた手製ナイフの意味として使われている。
例えば金属の端材を研ぎ、テープや布などを巻いてハンドルにした粗製ナイフだ。

f:id:machida77:20220222084347p:plain
南アフリカの刑務所で作られたshiv
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Made_in_RSA.jpg#/media/File:Made_in_RSA.jpg

ゲーム「The Last of Us」シリーズに自分で刃物とテープを使って工作して作るshivが登場し、日本語版では単に「ナイフ」と訳されていた。それではニュアンスが伝わらない。
www.youtube.com

過去記事はこちら。
試験に出ない実戦英語フレーズ(1) "hand-to-hand" - 火薬と鋼
試験に出ない実戦英語フレーズ(2) “mall ninja” - 火薬と鋼
試験に出ない実戦英語フレーズ(3) “combatives” - 火薬と鋼
試験に出ない実戦英語フレーズ(4) “top of the edge” - 火薬と鋼
試験に出ない実戦英語フレーズ(5) “bullshido” - 火薬と鋼
試験に出ない実戦英語フレーズ(6) “live blade” - 火薬と鋼
試験に出ない実戦英語フレーズ(7) “tacticool” - 火薬と鋼
試験に出ない実戦英語フレーズ(8) “drop suspect” - 火薬と鋼
試験に出ない実戦英語フレーズ(9) “one of a kind” - 火薬と鋼