過去記事まとめ

「続きを読む」以下でよく資料として使う過去記事や代表的な記事のリンクをまとめています。
(2019年9月14日更新)

ロシアの格闘技・システマの練習参加について

東京都杉並区でロシア武術システマを教えています。
スケジュールや練習場所は以下のブログで告知。
>>システマ杉並

続きを読む

入手不可能だったFBI仕様のGlock17Mが入手可能に

www.recoilweb.com
これまでFBIが採用したGlock17Mは民間向けに販売されていなかったが、Lipsey'sが扱いを始めたと話題になっている。
下のリンク先に商品詳細が出ている。
www.lipseys.com
nDLCコーティングされた内部構造、FBI仕様のマガジンリリース、Ameriglo Agentナイトサイトが確認できる。

TOPS Knivesの大型ナイフA-Klubと切り出しカランビットPoker

knifenews.com
TOPS Knivesは最近新しく大小2つのナイフを発売した。
一つはククリに近いシルエットの大型ナイフA-Klub
ディスカバリーチャンネルのサバイバル番組『Naked and Afraid』の出演者Amanda Kayeがデザインした。
同社としては初の女性がデザインしたナイフとなる。
全長45.4cm、ブレード長31.5cm
メーカー希望小売価格300ドル

もう一つはカランビット状のハンドルに直線的なブレードのPoker
切り出し小刀を参考にして生まれたブレードだという。ただし片刃ではなくVグラインドである。
全長17.5cm、ブレード長6.4cm
メーカー希望小売価格120ドル

ポーランド警察、Beretta APXを採用

www.thefirearmblog.com
ポーランド警察がBeretta APXを採用するとのニュースが出ている
今度採用されるAPXの購入数で4,666丁老朽化したSA/DA P-83およびGlock19を補完するとされている。
それ以外の拳銃として、現在ポーランド国家警察は約80,000丁のP99ASピストルを使用している。
P99ASは2008年から購入し、2016年8月に最終納入が終わっている。
今回のAPXは2019年12月16日までに受領する予定であり、今後オプション次第で追加で1,000挺購入する。

Kiku Knivesのマチダ・ハイドアウト

f:id:machida77:20191019202455j:plain:w700
JKGショー2019の写真にも写っているこのナイフはKiku Knivesのキクさんこと松田菊男さんにスケッチを送って作ってもらったナイフだ。
f:id:machida77:20191019202532j:plain:w700
f:id:machida77:20191019202554j:plain:w700
全長199mm、ブレード長90mmで、細身でブレードは長くないがグリップはしっかり保持できてフルサイズ並みのコントロールができるナイフだ。
最近アメリカで近接戦闘指導者がデザインしたナイフや武術指導者がデザインしたナイフにこうした傾向のナイフがあるので、自分になりに検討してこの形状にした。
ズボン内側にシースを収納するIWBか、ベルトに水平に装着するホリゾンタルを想定している。
ハンドルはG-10、鋼材はOU-31(4mm厚)、シースはカイデックス。

JKGナイフショー2019

今年もJKGナイフショーの時期が来た。
会場はいつもの東銀座の時事通信ホール。
雨が心配されたがほぼ曇りで結構来場者は多かった。
JKGショーは明日も開催されるので興味がある人は行ってほしい。
ところで最近ナイフショーの写真を公開していて思うのだが、20枚くらい加工した時点で気力が尽きるようだ。もっと撮影しているのにブログに合うように加工するのが面倒になってくる。まあ、最近は皆写真を上げているのでここで気にしなくてもどこかにショーの写真はあるのだが。
f:id:machida77:20191019135707j:plain:w400

松田菊男(Kiku Knives)

f:id:machida77:20191019113327j:plain:w700
f:id:machida77:20191019113941j:plain:w700
f:id:machida77:20191019113323j:plain:w700
f:id:machida77:20191019113948j:plain:w700

浜田智成

f:id:machida77:20191019114016j:plain:w700
f:id:machida77:20191019114023j:plain:w700
f:id:machida77:20191019114030j:plain:w700

間狩純平(’Makkari Knives)

f:id:machida77:20191019114546j:plain:w700
f:id:machida77:20191019114552j:plain:w700
f:id:machida77:20191019114929j:plain:w700

武市広樹(Rock Edge Works)

f:id:machida77:20191019121610j:plain:w700
f:id:machida77:20191019121619j:plain:w700
f:id:machida77:20191019121625j:plain:w700
f:id:machida77:20191019121628j:plain:w700

重野守

f:id:machida77:20191019125719j:plain:w700
f:id:machida77:20191019125730j:plain:w700

James BrandのフロントフリッパーナイフDuval

knifenews.com
The Duval - The James Brand
James Brandが同社初のフロントフリッパーナイフDuvalを発売した。
通常のフリッパーは閉じた状態で尾が背の側に出るが、このフロントフリッパーはブレードの反対側に尾がある。
このため左右の幅をとらないし、尾がポケット内側を傷つける心配もない。
フリントフリッパーについては昨年紹介したが、そうした既存の製品ともデザインに違いがある。
machida77.hatenadiary.jp
ブレード長6.7cm、全長16.3cm
バリエーションはローズウッド+S35VN、ODグリーンアイカルタ+S35VN、チタン+ダマスチールの3種類。
価格は275ドル(チタン+ダマスチールは375ドル)。