過去記事まとめ

「続きを読む」以下でよく資料として使う過去記事や代表的な記事のリンクをまとめています。
(2019年6月19日更新)

ロシアの格闘技・システマの練習参加について

東京都杉並区でロシア武術システマを教えています。
スケジュールや練習場所は以下のブログで告知。
>>システマ杉並

続きを読む

Helikon-Texの3dayアサルトパックGuardian Assault Backpack

www.youtube.com
www.helikon-tex.com
Helikon-Texから新しいバックパック、Guardian Assault Backpackが発売された。
軍用の3dayアサルトパックを元にした製品で、デザインの細部は動画で紹介されている。
カラーバリエーションは黒、コヨーテ、オリーブグリーンの3種類。
価格は79.90ユーロ。

90年代のMOLLEシステム解説動画

www.youtube.com
1990年代後半のMOLLE(Modular Lightweight Load-carrying Equipment)システム解説動画が公開されていた。
アメリ海兵隊用のVHSビデオの内容で、ウッドランド・カモフラージュのナイロン装備MOLLE II systemの使用方法を説明している。
現在では軍の装備もMOLLEシステムもだいぶ変わった。

カドチニコフ・システマよりスペツナズ・マチェットを使ったデモンストレーション

www.youtube.com
カドチニコフ・システマの動画で変わった武器を使った例があった。
ロシア軍のスペツナズ・マチェットを使ったデモンストレーションだ。
USVR=УВСР (Устройство для Выполнения Спасательных Работ)と呼ばれるこのマチェットは軍のサバイバル・マチェットだが戦闘で使われることもあったという。しかし元々武器として作られた装備ではないため戦闘訓練で使われているのを見る機会はなく、軍隊格闘技系の団体のデモでも使われているのを見るのは珍しい。

TOPS Knivesの小型ナイフ2種の新製品

knifenews.com
TOPS Knivesの小型フィクストナイフ2種のアップデートモデルが登場した。
一つはDevil's Clawのアップデートモデル。
元はクロー状の刃の普通のナイフだったが、今回の変更でフィンガーリングが付き、小型カランビットになった。
www.topsknives.com
もう一つはStrert Scalpelのアップデートモデル。
元は手術用のメスをモチーフにしたシンプルな輪郭のナイフだったが、今回の変更でフィンガーチャンネル付きのハンドルになった。
www.topsknives.com

HK Knivesの新製品パラコード巻ナイフのFray

www.thefirearmblog.com
Heckler & Koch Knivesが新しいフィクストナイフを発売した。
全長23.1cm、ブレード長10.7cm、ハンドルはパラコード巻き。
ブレード形状はタントーとクリップポイントの2種類がある。
この製品のブレード形状をクリップポイントとはあまり呼ばないと思うが、そういう商品名になっている。
鋼材はCeracoat処理をした154CMステンレススチール。
Ceracoatは黒・フラットダークアース・ODグリーンの3種類。
シースはカイデックス製で多様な装着方法に対応できるデザインになっている。
価格は149.95ドル。

カラテル型トレーニングナイフの追加到着と希望者募集

f:id:machida77:20190816195207j:plain:w800
先月書いたカラテル型トレーニングナイフの追加注文分が届いた。
パラコード巻きは希望者用に私が巻いたもの。
machida77.hatenadiary.jp
既に3本は希望者がいて行き先が決まっている。
まだ残っているトレーニングナイフの購入希望者はメールかシステマ杉並お問い合わせフォーム / Contact - システマ杉並まで。