ナイフ

SOG Knivesのメディックシザース・マルチツールParashears

soldiersystems.net アウトドア用品の展示会Outdoor Retailer Summer Market 2019から. SOG Knivesはメディック・シザースにマルチツールの機能を盛り込んだParashearsを展示した。 この製品は去年の同じショーで展示されたのだが、その後音沙汰がなく、今回…

Grayman Knives、ステンレスのフィクストナイフを拡大

knifenews.com 一時は日本でも複数の店で販売されていたGrayman Knivesの最近の動向がニュースになっていた。 Grayman Knivesは鋼材にステンレススチールを使ったフィクストナイフを増やした。 ステンレスと言っても鋼材は全て共通というわけではなく、例え…

Emerson Knivesのフォールディング・ステーキナイフ

knifenews.com www.youtube.com Emerson Knivesはフォールディング・ステーキナイフCarnivoreを発売した。 携行するためのステーキナイフだ。 ブレードデザインも専用の形状で、ステーキカット用に長いブレードになっている。 またEmerson waveはなくサムデ…

TOPS Knivesの小型ブッシュクラフトナイフFieldcraft 3.5

knifenews.com TOPS Knivesは2019年中期の新製品としてFieldcraft 3.5を発売した。 2013年に発売されたブッシュクラフトナイフ・Fieldcraftを小型にしたモデルだ。 オリジナルのブレード長は4.75インチ=12.1cmだったが、このFieldcraft 3.5のブレード長は3.…

Nemoto Knivesのカランビット・プリズラク

本日二つ目の話題もまたカランビットだ。 昨日のT-OD Gear Spotで入手したNemoto Knivesのカランビットの名前をпризрак(プリズラク=英語で言うghost)という。 全体にカーブした形状で、完全な両刃に見えるが実は内側しかエッジはついていない。 トラディ…

Caswell Knivesのモーフィング・カランビットが届いた

以前からここで紹介してきたJoe Caswellがデザインした独自機構のカランビット、モーフィングカランビットが届いた。 2016年に海外で最初のプロトタイプが公開されてからここでは何度も動向を書いてきた。 Joe Caswellの変形するカランビット - 火薬と鋼 Joe…

T-OD Gear Spot

今日は池袋でT-OD Gear Spotというイベントに参加してきた。 カスタムナイフメーカーを中心にタクティカル・アウトドア用品の展示即売を行うイベントだ。 出展者の製品が当たるじゃんけん大会もあり、来場者も結構来ていて盛り上がっていた。公式Twitter htt…

Microtech Knivesのジョン・ウィック・モデル

www.thefirearmblog.com 先日、Bond Armsのジョン・ウィック・モデルの発売について書いた。 machida77.hatenadiary.jp 今度はナイフでも同様の商品が発売されたというニュースだ。 Microtech Knivesは同社のナイフ2本、鉛筆、コインをセットにした John Wic…

BLADE Show 2019から近接戦闘用ナイフいくつか

BLADE Show 2019で出展されたナイフのうち、特に近接戦闘用のナイフで日本では紹介されていないものを紹介する。 狙ったわけではないが、ピカール型の手前に引き切るタイプのナイフばかりとなった。 画像はRECOIL OFFGRID MagazineのInstagramから。まず一つ…

BLADE Show 2019のBest Miniは大渕勲氏

knifenews.com 全米最大のナイフショー、BLADE Show 2019の各賞が発表された。 日本から出展したカスタムナイフメーカーの大渕勲氏がBest Miniを受賞している。 受賞したナイフの画像がInstragramで公開されている。 この投稿をInstagramで見る 2019 Atlanta…

Chris Reeve KnivesからSebenza 31登場

knifenews.com Chris Reeve Knivesの代表的のフォールディングナイグSebenza 21をアップグレードした新製品Sebenza 31が発売された。 鋼材をS35VNに、インテグラル・ロックにセラミックボールを使用している。 加工上ハンドルに存在していた穴が無くなり、オ…

Buck KnivesのNighthawk復活

agrussell.com かつてBuck社の代表的なコンバットナイフだったNighthawkが2019年に帰ってきた。 Nighthawkのオリジナルモデルは、米海軍特殊部隊Navy Sealsで使われ、 また『自衛隊最強の部隊へ-偵察・潜入・サバイバル編』 - 火薬と鋼で紹介したように自衛…

CRKTのデッドボルト式フォルダーClever Girl Folder

knifenews.com コロンビアリバー(CRKT)が新しくデッドボルト式のフォールディングナイフを発売した。 新製品Clever Girl Folderは、以前発売されたフィクストナイフのClever Girlをフォールディングナイフにしたモデルだ。 元のナイフ同様、夜間戦闘、近接…

Steel Will KnivesのAnt Lockナイフの新作Tasso F12

knifenews.com Steel Will Knivesの独自のロック機構Ant Lockを採用したフォールディングナイフの新作Tasso F12が発売された。 Ant Lockは2017年に発表されたロック機構で、どういう仕組みかは分解した動画を見てもらったほうがいいだろう。 www.youtube.com…

TOPS Knivesの小型サバイバルナイフSXS登場

https://www.topsknives.com/sxsknifenews.com TOPS Knivesは新しい戦闘サバイバルナイフSkullcrusher’s Xtreme Sidekick (SXS)を発表した。 SXSは、同社の大型のサバイバルナイフSXBを小型化したようなナイフだ。 全長25.7cm、ブレード長13.3cmと、ナイフと…

モーフィングナイフLYRA

www.kickstarter.com LYRA: World's best TITANIUM Morphing Nano EDC Knife by Horizon Knives — Kickstarter 現在Kickstarterで資金調達しているLYRAは平行四辺形の形状で変形することでブレードを出し入れするナイフだ。 フレームロックのようにハンドル…

Crusader Knivesの近接格闘用ダガーMkI Neptune Spear

今年登場したCrusader Knivesは第一弾として近接格闘用ダガーMkI Neptune Spearを発売した。 片方にセレーションエッジがついたダガーで実際に兵士にテストしてもらって開発したという。 鋼材はD2、ハンドル材はG-10 形状と大きさから明らかなように日本から…

FOBOS KnivesのEDCサイズのタクティカルナイフTier 1 Mini

knifenews.com FOBOS Knivesが新しくEDCサイズのタクティカルナイフTier 1 Miniを発売した。 エルゴノミクスを重視したデザインで、鋼材にCPM-154を使用し、硬度はHRC61-62と硬め。 熱処理とブレード先端の形状の工夫で破損しにくい工夫をしているという。 …

米海兵隊リーコンのブッシュクラフトナイフBark River Knives Bravo-1

BARK RIVER(バークリバー) #BA111MGC Bravo1ブラボー1 A2/グリーンキャンバスマイカルタ出版社/メーカー: BARK RIVERメディア: その他この商品を含むブログを見るwww.youtube.com (動画:Bark River KnivesのオーナーMike Stewart氏とBravo-1のバリエーショ…

Emerson KnivesのフリッパーナイフCQC-15 XHD登場

knifenews.com Emerson Knivesから新しいフリッパーナイフが発売された。 今回はCQC-15のフリッパーモデル、CQC-15 XHDである。 限定生産で通常ラインアップに加わるわけではない。 標準のCQC-15と同じく鋼材は154CM、ハンドル材はG-10、ライナーはチタン。 …

TOPS Knivesの戦闘用ナイフRapid Strike

www.topsknives.com TOPS Knivesの2019年新製品の一つがRapid Strikeだ。 ここで何度か紹介したように護身用として近年人気がある細身のスタイルとなっている。 基本的に両刃だが、注文で法規制に対応した片刃にすることも可能。 全長21.9cm、ブレード長10.5…

ケニアホテル襲撃事件のSAS隊員のナイフ装備位置

www.dailymail.co.uk 個人的な興味で専門家がどこにナイフを装備しているかの画像や情報を時折集めている。 今回は今年一月にケニアで発生したテロ事件、ケニアホテル襲撃事件 - Wikipediaの報道から。 2019年1月15日に武装グループがケニア・ナイロビ市のホ…

Spyderco社の2019年新製品第2弾

knifenews.com Spyderco社の2019年の新製品の追加分の情報が公開された。 画像の包丁は日本でもおなじみのモーリー・カーター氏のデザインによるもので、青紙スーパー三層鋼を使っている。 他の新製品に限定モデルの小型フォルダーのShamanとUrbanの2つがあ…

RE Factor TacticalとToor KnivesのコラボナイフThe Sicario II

soldiersystems.net RE Factor TacticalとToor KnivesのコラボナイフThe Sicario IIの情報が公開された。 ブレード長10.8cm、全長20.6cmの細身のナイフだ。 近年流行しているブレードが細く鋭くハンドルはシースから抜きやすいナイフのデザインの流れにある…

BlackhawkとNavy Seals元隊員Andy Arrabitoのコラボナイフ

soldiersystems.net NRA Annual Meetings 2019の展示から。 BlackhawkとNavy Seals元隊員Andy Arrabito(Half Face Bladesの設立者)のコラボ企画で販売される予定のナイフが公開された。 展示されたのはダガーやカランビットを含む5つのナイフ。 ナイフの詳…

LionSteelによるJames Williamsデザインのナイフ

www.youtube.com IWA2019の展示から。 イタリアのナイフファクトリーLionSteel Cutleryは近接格闘・武術指導で知られるJames Williamsデザインのナイフを展示した。 James WilliamsがCRKT社用にデザインしたHissatsu等の過去のナイフと同様、おそらく造りに…

SAKURA BLADE SHOW 2019

今年も東京・神田で開催されるナイフショー、サクラブレードショウに参加してきた。 昨年よりも来場者が多く感じる。 出展者にもクザン小田氏やあひる工房など珍しい卓があった。 そして来場者には『拳児』や『ジーザス』などで知られる漫画家の藤原芳秀先生…

明日はサクラブレードショー

明日は神田で開催されるサクラブレードショーに。 土曜の様子次第では日曜日もシステマの練習後に行くかもしれない。 nemotoknives.sakura.ne.jp

Dervish Knivesの小型フィクストナイフWyrm

Dervish Wyrm - The Ultimate EDC Knife by John Gonzalez — Kickstarter www.kickstarter.com Dervish KnivesのセミカスタムモデルのクラウドファンディングがKickstarterで公開された。 このプロジェクトのナイフ、Wyrmは医療用のメスのようにハンドルが長…

Great Eastern Cutleryの新製品#97 Allegheny

knifenews.com アメリカのトラディショナルなポケットナイフを製造するGreat Eastern Cutleryの新製品情報。 シングルブレードのスリップジョイント、#97 Alleghenyが先日発売された。 ブレード長9.5cm、収納時の長さ12cm ハンドル材はジグド・ブラジリアン…