サントリー美術館「徳川美術館展 尾張徳川家の至宝」

公式サイト:徳川美術館展 尾張徳川家の至宝 サントリー美術館

六本木のサントリー美術館徳川美術館展 尾張徳川家の至宝」に行ってきた。
名古屋の徳川美術館は2022年に行って非常に面白かったが、全部の所蔵品が展示されているわけではないので見ていない物も多い。
machida77.hatenadiary.jp
徳川美術館はさすが御三家筆頭というべきか、豪華な品、良い物や面白い物が多い。
この展覧会もそれが反映されている、
家康から義直に遺贈された村正の説明には妖刀伝説の否定に触れていた。
あと武具で面白いのは唐銅飛龍形百目大筒という龍(飛魚)型の大筒だ。大筒が大名家の所蔵品にあるのは珍しくないが全体に装飾的な造形となっているのは珍しい。
茶器はどれも良いですが織部の銘 冬枯は抽象画のような柄が良い。
国宝の源氏物語絵巻は現在は柏木(三)が展示中。修復の際に分かった情報や内容についても分かりやすく展示されている。