ネタ

4月1日の情報には注意が必要

今日ニュースになっている新製品情報や新しいサービスの話題があるのだが、エイプリルフールのネタもあるので油断ならない。 もっともエイプリルフールのネタだったのに反響があって実際に製品化された5.11 Tacticalのタクティカル・キルトのような例もある…

『ジョン・ウィック』で殺されたのがジョンだったら

特に話題がないので今月公開されたネタ動画を紹介する。 映画『ジョン・ウィック』冒頭で死んだのがジョンだったらどうなるか。 『ドッグ・ウィック』になる。映画を見た人向けの内容だ。

サファリランドのエイプリルフールは「ライトセーバー・ホルスター」

Safariland - 4SBWU Lightsaber Tactical Holster - Soldier Systems Daily 昨日紹介したほうが良かった話題。 Model 4SBWU Lightsaber Holster - The Safariland Group ホルスターメーカーのSafarilandは新製品としてライトセーバー・ホルスターを発表した。…

将来の大河ドラマ

少し前にTwitterで大河ドラマの題材に何がよいかという話題を見た。 かなり出遅れたが、ちょっと書いてみよう。 真田家も考えたが、それは今年5月に書いた多分当たらないNHK大河ドラマ『真田丸』予想 - 火薬と鋼そのままでいい。 藤原道長 華やかな平安貴族…

多分当たらないNHK大河ドラマ『真田丸』予想

2016年大河ドラマの予想というか願望。 ・「幸村」の知名度が高いので、実際の名前の「信繁」は毎話の史跡・歴史紹介でアピール。 ・徳川家と真田家の因縁。表立った戦いだけでなく裏でも謀略が繰り広げられる。徳川の伊賀忍者と真田の忍者の戦いに幸村が関…

マガジン交換時の隙をなくす技?

銃撃戦ではマガジンチェンジが大きな隙を作る。 このため遮蔽物の利用や仲間によるカバー、拳銃への持ち替えなど、隙を減らす技術が存在する。 今回紹介するのはそうした既存の技術と異なり、マガジンチェンジを積極的に攻撃に転じる技術である。

久しぶりに「ランプの魔人」に聞いてみた

しばらく前にの精度がよくなったと聞いたので試してみた。 3回続けても当てられなかった場合はあきらめる。 まず一人目は山田風太郎『剣鬼喇嘛仏』から剣鬼喇嘛仏。 せがわまさきが山風短で漫画化したことだし、当てられるだろう。 →当てられず。 男女どちら…

猫と邪神

こんなものがあった。 〓 たんねる 〓 2006年1月24日のドル/円、ドル/ウォン相場のチャート図が猫だった件 これを見て思い出したのは下の「異常な脳波」。 (出典:『マレウス・モンストロルム』(エンターブレイン,2008年)) クトゥルフの影響を受けたと…

英語の特殊な例文をみつけた

2/5 英語でやんわり断りましょう [日常英会話] All About はてブにも書いたが、たまたまみつけたAll Aboutの英語の例が凄かった。 Would you like come to the Pokemon center with me? (ポケモンセンターへ一緒に行かないかね?) 上司の誘いを断りたいあ…

ポニョ=猫説

ネタにカテゴライズしているが実話である。 ある日、家のテレビで「崖の上のポニョ」のDVDのTV CMが流れていた。 それを見た母は 「ポニョって猫だよね」 といつものように意味不明なことを言い出した。 さすがにその唐突な発想に驚いた私が理由を聞くと、母…

ニセ科学批判批判は、行動がアホだと思う

http://d.hatena.ne.jp/circled/20090219/p1 誰かが自分のやっていることに対して『それは行動がアホだ。無駄だ。やめろ。』といきなり言ってきたところで、誰もが「何だお前は?失礼な奴だな。」と思うのが関の山だと思う。 確かに運動的におかしいよねって…

「要は、勇気がないんでしょ?」で始まる同人誌の値切り

同人誌を値切らないで!から同人誌の値切りに対して議論が沸きあがっている。「同人+値切り」でぐるると色々なブログのエントリがひっかかるようになった。私は10年以上色々なイベントに一般、サークル両方で参加したけど値引きしたこともしたいと思ったこと…

こうなれば良かった美味しんぼ

ついに海原雄山と山岡士郎が和解というので話題になっているが、あの展開で納得できた人はどれだけいるのだろうか。私は伏線がかなり前からはられていたので正直飽きていてどうでもいいと感じた。あの原作者もすっかり話としての面白さを出せなくなっている…

荒木飛呂彦版「できる・できないのひみつ」

「お前はこれから『できっこないす』というセリフを……4回だけ言っていい」

柳生の王子様

睡眠不足で仕事に追われていると、突如神が降りてきた*1。 夢のコラボレーション荒山徹×許斐剛! 二人の鬼才の合作は『柳生の王子様』 少女漫画の本歌取り*2や同性愛*3も得意とする荒山先生と、漫画『テニスの王子様』に柳生を登場させた*4許斐先生のコラボ…

コードギアス第二期〜影武者ルイツ・ラ・ブリタニア〜

友人達とチャットしていて思いついたネタ。コードギアス第二期で明らかになるブリタニア帝国の真実。 ・実はブリタニア皇帝ルイツ・ラ・ブリタニアは既に死んでおり、現在の皇帝は影武者だった。 ・第一王位継承者の皇太子・秀忠(仮名)は皇帝の器ではないと…

ゾンビよりも他に考えることはある

この日記のネタの大半は海外の銃・ナイフ・軍事情報関係のフォーラムから集めている。こうしたフォーラムではどういう訳か「ゾンビに対抗するにはどうするか」という趣旨のスレッドが立てられることが多い。吸血鬼とか獣人という場合もあるが、ゾンビを敵と…

金曜ロードショー

金曜ロードショーを終わらせちゃうような御馬鹿様なTV業界への提言 赤兜で紹介されていて読んだ。大ウケ。「やったーゴール!」じゃないよ!

錐刀あるいは裏柳生

隆慶一郎の性癖には錐刀という武器がよほど合っていたのではないか。『吉原御免状』にはじまったこの陰惨な武器を、隆慶一郎は終生使い続けたのである。 『吉原御免状』を読んでいて思いついた。もちろん文章は『影武者徳川家康』から。「錐刀」は「裏柳生」…

隆慶一郎作品の庄司甚内(甚右衛門)問題

隆慶一郎作品で庄司甚内は何度か登場している。その中でも混乱させられるのは、巨漢として登場した例(『死ぬこととみつけたり』と小兵である例(『吉原御免状』『かくれさと苦界』)があることだ。どちらが真実なのか? 答えは簡単だ。『死ぬこととみつけた…

隆慶一郎作品の柳生新次郎巌勝

隆慶一郎の小説には何人もの柳生が登場する。頻度で言えば宗矩が一番だろう。その悪党っぷりと微妙な小物っぷりが見事な、他に替えの効かない柳生である。腹黒柳生の完成形がここにある。山口貴由『シグルイ』において岩本虎眼を計略にはめた宗矩も隆慶一郎…

続・石川賢版隆慶一郎クロスオーバー

先日書いた石川賢版隆慶一郎クロスオーバーを見返して何か足りないと思った。そうだ。サイボーグとロボットがいない!というわけでその辺を考慮に入れてちょっとメカ分を足そう。一応隆慶一郎の小説に沿って考えると ・柳生宗矩 柳生刺客状で義足になってい…

石川賢版隆慶一郎クロスオーバー

石川賢という漫画家がいる。有名人なので知っている人も多いが、その恐ろしさを知っている人は意外と少ない。その恐ろしさの一端は石川賢の打ち切り虚無戦記(現在は公開中止)で垣間見ることができる。すばらしい。 その強烈な個性と原作つき作品での原作ク…