コミック

サンデーうぇぶりで『拳児2』第2話公開

https://www.sunday-webry.com/series/747 以前公開された『拳児2』の続きが公開された。

『はたらく細胞』の白血球(好中球)のナイフはアンチテロではなくカラテルではないか

現在放送中の『はたらく細胞』というアニメがある。 人体内部の細胞や細菌を擬人化した同名の漫画が原作である。はたらく細胞(1) (シリウスコミックス)作者: 清水茜出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/08/07メディア: Kindle版この商品を含むブログ (7…

週プレNewsのシステマジャパン取材漫画

昨日、週プレNewsに次の記事が公開された。 あの実戦格闘術『システマ』に54歳・漫画家がガチ挑戦…殴られても痛くない?“大切なこと”とは! 漫画家の岡村茂氏による格闘技体験の漫画がWeb連載されている。 その連載のためのシステマジャパン取材を伝える記…

月刊秘伝の「これがすごい!最強マンガ大賞」候補にない漫画について

結果発表! 最強マンガ大賞|WEB秘伝 雑誌『月刊秘伝』が武道・武術マンガの人気投票を実施している。 かなり珍しいマンガも候補にある反面、取りこぼしも結構あるようだ。 格闘技漫画好きなら10や20はこの投票候補にない漫画を挙げられるのではないだろうか…

これから『江戸前の旬』を読む人に伝えておくべきこと

江戸前の旬 1作者: 九十九森,さとう輝出版社/メーカー: 日本文芸社発売日: 2012/12/07メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る『江戸前の旬』という寿司漫画を知っている人はどれだけいるだろうか。 週刊漫画ゴラク連載、九十九森原作、さとう輝劇画の…

漫画の中のロシア武術システマ 第5回『外見至上主義』

今回紹介するのはT. Jun(パク・テジュン)による韓国のWebコミック『外見至上主義』(原題:외모지상주의)だ。 2014年11月連載開始で現在も連載中。日本語版もWebで公開されている→外見至上主義, List1 | XOY この日本版は日本を舞台とした話にアレンジされ…

剣鬼喇嘛仏

剣鬼喇嘛仏―山田風太郎忍法帖短篇全集〈12〉 (ちくま文庫)作者: 山田風太郎出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2005/03メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 39回この商品を含むブログ (11件) を見る山風短(2) 剣鬼喇嘛仏 (KCデラックス)作者: せがわまさき,山…

『MASTERキートン』の「ナイフは至近距離なら銃より速い」は本当か

前々から書こうと思っていた漫画『MASTERキートン』のナイフ術についての話を書く。 『MASTERキートン』の主人公、平賀=キートン・太一は元英軍特殊部隊SAS隊員・考古学者・保健調査員の3つの顔を持つため、作品に様々な知識が登場し、軍隊格闘技、近接戦…

ビッグコミック最新号のゴルゴ13は忍者・忍術の話

先週書き忘れた話。ビッグコミック 2017年 2/10 号 [雑誌]出版社/メーカー: 小学館発売日: 2017/01/25メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る先月発売された雑誌『ビックコミック』2017年2月10日号(3号)の『ゴルゴ13』は忍者と忍術を中心とした話である…

『漫画ゴラク』新連載に『剣術修行の旅日記』の牟田文之助が登場

漫画ゴラク 2017年 1/13 号 [雑誌]出版社/メーカー: 日本文芸社発売日: 2016/12/22メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る今週発売の『週刊漫画ゴラク』で岡村賢二『武士のフトコロ』の連載が始まった。 貧乏御家人の次男坊・飛田蔵之丞が貧しい境…

ゲッサン2017年1月号の『MASTERグレープ』第3話(ネタバレあり)

ゲッサン2017年1月号が発売された。ゲッサン 2017年 01 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/12/12メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る前にも触れた武器武術を題材にした漫画『MASTERグレープ』が掲載されているので、今回の話について書…

『3年B組一八先生』が限定公開される

http://kinmaweb.jp/archives/15706 雑誌『近代麻雀』誌連載のパロディ麻雀漫画『3年B組一八先生』1〜7話が限定公開されるという告知が出ていた。 2016年12月8日(木)0時より1日1話の24時間限定公開。1週間で7話を公開するという。公開期間の短縮・中止と…

ゲッサン12月号の『MASTERグレープ』第2話(ネタバレあり)

ゲッサンの現代武器術漫画『MASTERグレープ』第1話のナイフについて(ネタバレあり) - 火薬と鋼で触れた第1話が公式サイトで公開された。 これで第1話を見逃した人も読める。 公式サイト:MASTERグレープ | ゲッサンWEB さて、11月11日にこれに続く第2話が…

『るろうに剣心・異聞 明日郎、前科アリ』(ネタバレあり)

SQ.創刊9周年で和月伸宏の新作読切!「るろうに剣心」と同時代を描く - コミックナタリー このSQ掲載漫画を読んで気になった点があったので書く。

ゲッサンの現代武器術漫画『MASTERグレープ』第1話のナイフについて(ネタバレあり)

ゲッサン 2016年 11 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/10/12メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る10月12日発売の『ゲッサン』11月号から現代日本で武器格闘術を使うアクション漫画『MASTERグレープ』の連載が始まった。 MASTERグレープ …

最近の驚きは『はじめの一歩』の鴨川会長が100歳超えと書かれたこと

最近の週刊少年マガジンを読んでいる人は知っていると思うが、『はじめの一歩』で鴨川会長の年齢が100歳を超えているはず、という会話が登場した。 かなり前に年齢に言及があった時は70歳以上だった。ということは作中の年は現実世界の時間経過とほぼ同じよ…

『ツマヌダ格闘街』最終回

月刊YOUNGKING OURs GH(ヤングキングアワーズGH) 2016年 08 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 少年画報社発売日: 2016/06/16メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る6月16日発売の月刊ヤングキングアワーズGHで上山道郎『ツマヌダ格闘街』が最終回を迎えた。 …

『ディアスポリス』がモーニング誌上に帰ってきた

【祝・連ドラ+映画化!】 すぎむらしんいち&リチャード・ウー、堂々帰還! 伝説的ハードボイルド巨編の新シリーズ『ディアスポリス —異邦警察— 999篇』本日開幕! - モーニング公式サイト - モアイ 週刊モーニング 2016年 6/9 号 [雑誌]出版社/メーカー: …

『ディアスポリス』ドラマ化・映画化

ロシア武術システマが登場する漫画として紹介した『ディアスポリス』の記事にやけにアクセスがあると思ったら、ドラマ化・映画化が決まったのだそうだ。 『ディアスポリス』は、今のところ全体としてシステマの扱いが一番うまい(現実に忠実、というのではな…

今月掲載の『ツマヌダ格闘街』の話

月刊YOUNGKING OURs GH(ヤングキングアワーズGH) 2016年 03 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 少年画報社発売日: 2016/01/16メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るようやくヤングキングアワーズGHを買えた。 今回の『ツマヌダ格闘街』で出てきた橘明道がかつ…

『刃牙道』本部以蔵の不幸

マンガの話は時間がある時に書かないと手のひらの水のように簡単に流れ落ちていく。 たまには板垣恵介『刃牙道』の話を書いておこう。 ここ何年かで徳川みっちゃんは作者の代弁者としての顔を強く持つようになった。 烈と武蔵を戦わせておいて、死ぬと嘆く。…

『ツマヌダ格闘街』の予想というか想像

月刊YOUNGKING OURs GH(ヤングキングアワ-ズGH) 2016年 01 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 少年画報社発売日: 2015/11/16メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る今月発売された『ヤングキングアワーズGH』掲載の『ツマヌダ格闘街』を読んで、ちょっと考えた…

システマのコネクトと『ツマヌダ格闘街』の考察

先日の漫画の中のロシア武術システマ 『ツマヌダ格闘街』追加2015年11月号分 - 火薬と鋼に登場したコネクトの話について考えてみた。 なお、システマの練習について:脱力その後 - 火薬と鋼の話ともちょっと関連する。 限られた情報からの考察なので、かなり…

漫画の中のロシア武術システマ 『ツマヌダ格闘街』追加2015年11月号分

月刊YOUNGKING OURs GH(ヤングキングアワーズGH) 2015年 11 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 少年画報社発売日: 2015/09/16メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る上山道郎『ツマヌダ格闘街』(少年画報社)の雑誌最新号掲載部分にまたシステマが登場…

ヤングキングアワーズGH

月刊YOUNGKING OURs GH(ヤングキングアワ-ズGH) 2015年 08 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 少年画報社発売日: 2015/06/16メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る6月16日に発売された雑誌『ヤングキングアワーズGH』の『ツマヌダ格闘街』を読んだ。 次回から…

漫画の中のロシア武術システマ 補遺 『ツマヌダ格闘街』追加1.5

システマが登場する漫画の一つとして『ツマヌダ格闘街』(上山道郎、少年画報社)について以前紹介したが、掲載雑誌を追いきれずに抜け落ちがあった。 漫画の中のロシア武術システマ 第4回『ツマヌダ格闘街』『嘘喰い』 - 火薬と鋼 漫画の中のロシア武術シス…

ツマヌダ格闘街のシステマについてのメモ

『ツマヌダ格闘街』16巻のシステマについて、スキャナーで読み込むのに躊躇しているのでメモだけ先に書く。 結局16巻は紙のを買ったが、画像の取り込みは電子書籍の販売を待つ予定。 なお、一部は雑誌掲載時に漫画の中のロシア武術システマ 補遺 『ツマヌダ…

漫画の中のロシア武術システマ 番外『ジュウドウズ』

今週(2014年11月17日)発売の週刊少年ジャンプ掲載の漫画『ジュウドウズ』にシステマについての言及があったので紹介してみる。 近藤信輔『ジュウドウズ』は今年9月から連載が始まった漫画で、主人公は柔道とは別の古い柔を使う柳華(やなぎ・はな)。 華が…

2014年8月の格闘技漫画あれこれ

先週友達と会った時に格闘技漫画について色々と話をした。 最近漫画について書いていなかったので、少し感想として書いておこうと思う。単行本になっていない内容にも言及しているので、その点注意。 修羅の門 ここで白虎が出るとは思わなかったし、ケンシン…

システマと『ツマヌダ格闘街』の明道流柔術の違い

漫画の中のロシア武術システマ 補遺 『ツマヌダ格闘街』追加2 - 火薬と鋼で書ききれなかった話を書こう。 先日紹介した漫画『ツマヌダ格闘街』のエピソードの中で、作品に登場する架空の武術・明道流柔術とロシア武術システマの技術が共通しているという説明…